2024-02

ブログ

サトルと厳しい?

最近、私と似たような経験をされてサトッた方の、本や動画にたどり着く事がありましたなんだか…私と少し雰囲気が似ているような気が…言葉の端々の隠せないスパルタ感(笑) でも分かります、どうしてそういう風に見えるのか。サトルと自我が本当に...
ブログ

仏教講座

全国の様々なお寺さまや教育機関で「仏教」を学ぶ講座が開催されています。 私は今、週一回のペースで、色々な場所に出向き様々な仏教講座を受講させて頂いています。 私はサトルまで、神社仏閣とはお葬式と初詣(たまにサボる( ;∀;) ...
ブログ

節分レイキ練習会

2月3日は節分👹でしたね。節分は二十四節気の大晦日にあたり翌日の立春を新年とするそうです。日本ならではの四季を大切にする行事💗私はグレゴリオ暦の12/31、1/1よりも、こちらの方がエネルギーが強く感じます...
ブログ

退路を断つ

サトリの扉が開いた瞬間は 天地がひっくり返ったような価値観の変化と、異世界にたった一人で放り込まれたような孤独感を感じていた。 「全て分かった!!」ものの、自分の身に何が起きたのか言語化することが出来ず戸惑っていたしかし目の前...
ブログ

サトリの言葉

私の「サトリの言葉」は『私は光です』であった。 癌を発症してから癌が怖くて怖くて仕方がなかった癌の何がそんなに怖いのかと考えると… 「そうか私は死ぬことが怖いのだ」という至極当然な事に気がついた。 しかし、それまで私は死...
ブログ

サトったらすること

「サトル」ことは特別なことでも、凄い事でもありません。望めば、決めれば、誰でも悟ることが出来ます。しかし、大抵の人は気づいていませんが潜在意識の領域で「サトル」を拒否しています。何故か・・・ サトリは生まれてからそれまでの間、自分を...
ブログ

怒り

「怒り」を感じますか?よく「悟る」と女神や菩薩の様に、どんなことがあっても、どんな理不尽があっても微笑みをたたえ、怒らない人と勘違いされることがあります。 そんなことはありません。悟っても普通の人間です。ちゃんと感情はあります(笑)...
ブログ

身口意

悟りを開いてから『分かる』ことが増えた。スピリチュアルの能力もその一つ。 始めはサロンで施術をしながら、或いは施術後のブレイクタイムに、お茶を飲みながらお話を伺ったり、悩みを聞いたりしていた。がんサバイバーであることは初めから公表し...
ブログ

サトル

私は以前ガンに罹患して、三年間「生きる・死ぬ」について内観し続けてある日悟りの扉を開くことが出来た。 サトリを開くという事は即ち、自我の崩壊が実行されたことを意味する。当初、自分としては何が起こったか分からない出来事だったがその直後...
ブログ

ぐるぐる思考

「あんな事言わなければよかった…」「なんであんなことしたんだろう」そんな思考をぐるぐる巡らせてはいませんか?私のサロンの生徒さん、クライアント様は、自慢ですが(笑)素敵女子(男子も)揃いです。しかし、このぐるぐる思考に蝕まれている方がとて...